大型 盛金丹入り 象牙はんこ

2022年「現代の名工」宮澤宝泉作

象牙21㍉×75㍉丈/現代の名工・宮澤宝泉作「大型 盛金丹」入り写真①/完全限定!象牙はんこ至宝館
象牙21㍉×75㍉丈/現代の名工・宮澤宝泉作「大型 盛金丹」入り写真②/完全限定!象牙はんこ至宝館
象牙21㍉×75㍉丈/現代の名工・宮澤宝泉作「大型 盛金丹」入り写真③/完全限定!象牙はんこ至宝館
象牙21㍉×75㍉丈/現代の名工・宮澤宝泉作「大型 盛金丹」入り写真④/完全限定!象牙はんこ至宝館
象牙21㍉×75㍉丈/現代の名工・宮澤宝泉作「大型 盛金丹」入り写真⑥/完全限定!象牙はんこ至宝館
背ワニ革ケース/完全限定!象牙はんこ至宝館

¥880,000(税込)


18㍉丸×75㍉丈の大型象牙はんこ、印鑑登録・銀行印登録いずれも可能。

表面には2022年度「現代の名工」宮澤宝泉作「盛金丹」入り。

「丹」とは印章(はんこ)の最上部を表す細長い目印を指す。
遠く昭和の時代には、専門の職人が繊細な手作業で、象牙をはじめ黒水牛、白牛角、柘(つげ)など、ほとんどのはんこ素材に「丹」をひとつずつはめ込んでいた。

この「丹」には銀を用いた「銀丹」と、金を使った「金丹」とがある。
さらには印章(はんこ)の表面と段差が生じないよう、ごく薄い丹がはめ込まれた「平丹」と、表面から隆起するように厚い丹をはめ込んだ「盛丹」とがある。

「銀丹」よりは「金丹」、「平丹」よりは「盛丹」の方がはるかに希少価値があり、「盛金丹」はその最高峰に位置する。

また、付属の背ワニ革ケースは、伝説のはんこケース職人と謳われた深田 麗司(故人)作。

これはもはや、はんこを超えた美術品・工芸品。


2022年度「現代の名工」に選ばれた現代象牙彫刻界の巨匠・宮澤宝泉作の逸品を、ぜひとも「分身」として末永くご愛用ください。


【宮澤 宝泉(本名:明人)プロフィール】

■25歳で象嵌彫刻師を志し、精巧で繊細な技術を独学で習得する。
■1993年からは根付制作も手掛け始める。
■1998年「日本の象牙彫刻展」出品作が故高円宮さまに評価され「高円宮賞」受賞。
■「日本の象牙彫刻展」には30回以上の入賞経験を持ち「文部科学大臣賞」も受賞。
■根付作品の一部は東京国立博物館に所蔵されている。
■2007年、「山梨県文化奨励賞」受賞。
■2017年6月、南アルプス市立美術館「宮澤宝泉 象牙彫刻の世界展」開催。

■2019年4月、京都清宗根付館で「宮澤宝泉 特集展」開催。

■2022年11月、「現代の名工」に選出。


在庫1点限りの販売となり、再入荷の可能性はほぼありません。
ご希望の方はこの機会をお見逃しなきよう、お早めにご検討ください。
当店オンラインショップを見る>>


■上記金額には背ワニ革ケース・文字彫刻料・消費税が含まれています。
※文字彫刻は宮澤宝泉とは異なる熟練はんこ職人が行います。
※文字彫刻には最長1か月ほどお時間をいただいております。
■文字彫刻に際しては、他にはない当店だけの豊富なオリジナルはんこ書体の中からお選びいただけます。

㈲文福堂印房の豊富なオリジナルはんこ書体

■上掲各書体の詳細については当店運営サイトをご参照ください。

秀碩の工房:篆書

美印工房:流印体~吉印体

安心印鑑工房:安心体

昭和印鑑工房:篆書古印体

浅草ハンコ名人会:金印体~力印体


■象牙製品の日本国外への持ち出しは禁止されております。
■ご注文のお客様には、国外に持ち出さない旨の覚書に署名捺印をお願いします。

■実物は㈲文福堂印房 実店舗(東京都品川区東大井5-7-12)にてご覧いただけますが、通常は上記実店舗とは別の場所にて厳重に保管しておりますので、実見をご希望の方は1週間前までにご予約をお願い申し上げます。
■入れ違いですでに売り切れの切は平にご容赦ください。
■㈲文福堂印房は象牙製品を正規に取り扱うことのできる特別国際種事業者です。
■当ページの写真・文章はすべて㈲文福堂印房に帰属し、一切の流用・転載を禁じます。
当店オンラインショップを見る>>

京都にある創業70年のはんこ専門店・マツヤ印判【京都象牙はんこ館】も併せてご覧ください。

特別国際種事業者/㈲文福堂印房